平成26年4月25日「チーム白川」事務局
第124回タウンミーティング出張版 報告書
  「菊地貴光と白川秀嗣のジョイントミーティング」

■ 日時 平成14年4月1日(土) 19時~21時
■ 場所 桜井地区センター「あすぱる」2階学習室A・B
■ テーマ 3月議会報告
~これでいいのか越谷市議会? みんなで参加して決める住民自治~
タウン124-1
●3月議会報告-①:菊地議員
1. 平成26度一般会計予算:862億円
・賛成:21、反対:9(白川、菊地含む)⇒可決
・特別会計636億円、病院事業会計120億円を加えた
予算総額:1,618億円(対前年度+3.4%)は、史上
最高額の予算となった。
・市長は施政方針で、持続可能な財政運営への対応と
 コスト意識を重視し、財源の有効活用に重点を置く
 との事であったが、史上最大の予算編成と歳入減少・市政方針との間に違和感があることは否定できない。
2.敬老祝金条例の一部改正:77才の祝金(2万円)を廃止する
・賛成:17(白川、菊地含む)、反対:13 ⇒ 可決。
・市長が初めて市民の受益政策にメスを入れる提案を行ったもので、カットした理由は、77才は日本人の平均寿命よりも若く、対象者が年々増加してからである。
・市長から受益者への事前説明が不充分であった点を改善し、今後「何かを諦める」という負の理解に対して、受益と負担の関係を明らかにして、合意形成を図る必要がある。
3.中核市移行の申し出
・賛成:24、反対:6(白川、菊地含む)⇒可決
・越谷市が中核市に移行することにより、これまで県が行って来た市民サービスを越谷市が行うことは、住民自治の観点から好ましい。しかし、市長が中核市への移行に際し「ディメリットはない」として、増員される職員80名の人件費約7億円の負担、保健所建設費(13億円)・第3庁舎建設費(18億円)の問題に関して市民との合意形成を行おうとしない対応に問題がある。

● 3月議会報告―②:白川議員
1. 越谷市の借金はどうなっているか
・現時点で越谷市の累積債務は1,619億円となり、年間予算に匹敵する金額である。
 【内訳】一般会計:690億円、特別会計:482億円、病院事業会計:46億円、土地開発公社:185億円、債務負担行為:216億円
2. 「辻浩司議員に反省を求める議決」について撤回を求める件
・賛成:14(白川、菊地含む)、反対:15⇒不採択
・昨年12月議会で可決された「辻議員への反省を求める決議」の撤回を求める市民請願が、3,728名の署名を集めて行われたが、賛成少数で否決された。
・議員の議会外での意見表明に対して、議会の多数派の権力を持って封じ込めることは、民主主義を遵守する上で避けなければならない行為である。

3. 佐々木議員に対する懲罰動議
・賛成:13(白川、菊地含む)、反対:16⇒否決
・3月議会で市長からの「敬老祝金の削減」議案の本会議での質疑の際、佐々木議員が特定の女性議員の名前を名指しし、年齢を引き合いに出したことに対し、女性議員は撤回を求めたが拒否されたため、「議員は無礼な言葉を使用し、他人の私生活にわたる言論をしてはならない」という地方自治法に抵触し、「セクハラ行為に値する」として陳謝を求めた。
・社会問題となっている「セクハラ」「いじめ」は、当事者相互間の人間関係が関連しており今回は「被害」と感じる構図になっている。個人間の問題としてだけではなく、日本社会の構造的な問題として考えていくべきである。
タウン124-2
● 質疑応答 
・受益と負担の特徴的な論議として、バス路線の費用問題では「料金の300円は高い」と市の補助を促す意見が出されたことから、全費用の利用者負担と市税投入の観点から路線バス利用者だけでなく、多様な人の参加した場で議論して決めていくべきではないかという方向が出された。また、運行全般に該当地区市民の意見が生かされるべきであるという決定過程への市民参加を求める意見が出された。
・中核市移行の受益者側のメリットを、明確に示してほしいとの意見が出され、市が出しているパンフレットだけでは市民との合意形成を図る上で限界があることが明らかになった。
・同時に、現状の窓口職員の対応に批判が集中し、中核市に移行した時に、今以上の業務を果たして担えるのかという意見が出された。しかし、その問題解決の一歩として、直接電話で問い合わせることや、行政職員と同じ場所で相互に意見を戦わせてはどうかとなった時に、市民が積極的に対応しようという機運は薄かった。
・3月議会で問題となったツイッター・セクハラ事件の喧々諤々の議論が、民主主義のあり方を問うものであるということをまだ私たち市民が十分理解できていない状況である。
● まとめ
・桜井地区で初めてのコラボ・出前ミーティングで、30名近くの市民が参加した。ゲスト議員の支持者と共に、一般市民の参加や他地区の議員が参加し、「多様な意見の交換が市民の民主主義観の醸成を促す」ことに一歩踏み出したミーティングであった。
・「財源が足りない」という共通認識が市民に浸透し始めて来た感が強い。その段階での税金の使い道を「受益と負担」のバランスからどう考えるかという方向の論議になった。
以上



菊地貴光と白川秀嗣の地域タウンミーティング
第124回タウンミーティング_案内チラシ(決定)
チラシPDF⇒第124回タウンミーティング_案内チラシ
内容:3月議会報告 ~これでいいのか越谷市議会?みんなで参加して決める住民自治~
日時:4月1日(火) 19:00~21:00 参加費:無料
場所:桜井地区センター・公民館(あすぱる)A・B学習室 〒越谷市下間久里792-1


平成14年2月6日「チーム白川」事務局
第123回タウンミーティング出張版 報告書
  「小林豊代子と白川秀嗣のジョイントミーティング」

■ 日時 平成14年1月18日(土) 13時30分~15時30分
■ 場所 大沢地区センター・公民館 大会議室
■ テーマ 12月議会報告―第三庁舎、ツイッター問題から見える越谷市議会の現状―

● 挨拶と12月議会報告:小林議員
・今回は会派が異なる2名の議員による、初めてのタウンミーティングの開催である。議会上では賛否の違いもあるが、現状を変えようという前向きな姿勢と開催への思いが一致し、場所も大沢地区センターでの開催となった。議員の役割は地域に根づき、議会のあり方を説明し、皆さんの声をいただき議会に反映させる事だと思っている。本日は先輩議員の白川議員と同席できることに感謝しております。
123タウン1
・12月議会において、市長提案の第三庁舎建設に反対をしました。20億円もの建設費が投入される事業に市長からのいきなりの議案提出は賛成できない。今回の会場になっている大沢地区センター(老朽化)の建て替えに関して何年もかけて討議している。又本庁舎の耐震化を考えると優先順位が違っているのではないかと考えている。
・せんげん台自治会の新年会で、東口から新方地区へのバス路線開通の際に3千名にも及ぶ署名活動があった事を話した。こうした署名活動やタウンミーティングでの話し合いの中からこそ税金の使い道に対する市民合意とリーダーとしての責任が明らかになってくると思う。

● 12月議会報告:白川議員
・12月議会は「辻議員に反省を求める決議」を巡って紛糾し、傍聴席は90名近くの市民で埋め尽くされ、すべての議事が終了したのは翌日の午前1時を過ぎていた。国会審議で問題になった「秘密保護法案の強行採決に抗議して慎重な審議を求める」意見書を辻議員が議会運営委に提出自民・公明両党から、地方議会が国会に関与するのはなじまない、審議中だから緊急性は無い、との理由で本会議に上程されなかった。
123タウン2
辻議員はツイッターで「不当な反対で上程を阻止された」と発言。この掲載に対して「辻議員に反省を求める決議」が本会議に提出され、賛成討論2名(自民・公明各1名、清流越谷は討議せず)、反対討論8名で本会議は紛糾し、結果は15対14で賛成可決された。議員が事実に基づいて、多様に発言することがダメだとする言論封鎖とも考えられる行動は、今後市民のオープンな発言が封鎖され、不利益をこうむることにもなるのではないか。
・震度5強で倒壊するといわれている本庁舎の耐震性は、市長選でも争点化されなかった。第3庁舎は主に職員の事務棟、会議室であり、市民には関係ないという理由で、市民に説明の必要なしと発言されている。市議会主催の市政報告会の際に、何人もの市民が議決の賛否をオープンにし、結果ではなく経過の説明責任を問うたように、決定過程に参加するようになってきている事に応えるべきではないか。

● 質疑 
・ ツイッター事件について 
Q:言論の自由の領域から外れている、15時間も果たして議論する必要があったのか、議会が果すべき本来の機能として、もっと議論すべき仕事があったのではないか。ペナルティはあるのか。
A:今回は懲罰ではなく反省を求めるという事だが、一議員の発言を議会という公の場で多数決で阻止するということを許さず、多様な意見を交換し、合意形成していく、すなわち「いい決定をしていく」「いい決定ができる」議会を作っていきたい。それに行き着くための過程であり、看過できないという事を了承していただきたい。
・ 第三庁舎、議会報告会について
Q:職員が使うからといって討議無しで20億円もの使い道が決まるという問題は何とかならないのか、13地区できちんと説明すべきではないのか、中核市への移行に際して、市長の「デメリットゼロ論」は(議会の)追求が弱いのではないか。
A:現役世代の利便性を目指すために将来世代に負担を残すやり方は問題がある。中核市への移行の本来の目的を明確に説明し、自分達の地域のことは自分達で考え、税金の使い道に責任を持つ、すなわち市民の役割と責任をどれだけオープンに問いかけられるかの討議がなければ納得感は生まれない。議員同士の討議や努力も必要だが、支援者、市民の方からの同意や要望が最も重要であり、今回のタウンミーティング開催も支援者の方の努力に負うところは大きい。

● 意見・要望
・議会主催の市政報告会の次回開催、小中学校のトイレの洋式化、各委員会のライブ中継等が意見として出された。又参加者から次回の開催が要請されるタウンミーティングとなった。

                                        以上


小林 豊代子と白川 秀嗣の地域タウンミーティング
第123回タウンミーティング_案内チラシ
チラシPDF⇒第123回タウンミーティング_案内チラシ
内容:12月議会報告 ~第三庁舎、ツイッター問題から見える越谷市議会の現状~
日時:1月18日(土) 13:30~15:30 参加費:無料
場所:大沢地区センター・公民館 大会議室 〒343-0045越谷市大沢2-10-40

大きな地図で見る


2014.1.8「チーム白川」事務局
第122回タウンミーティング報告書(2013年12月14日/白川事務所)

★ 12月議会報告:白川議員
・12月議会の冒頭から「辻議員に反省を求める決議」を巡って紛糾した。
・事の発端 国会の審議で問題になった「特定秘密保護法案の強行採決に抗議し、慎重な国会審議を求める意見書」を辻議員が議会初日の12月2日に議会運営委員会(以下運営委と略す)に提案した(意見書を提出する場合は期日指定があるが、緊急の場合はその限りではない)。この“緊急の事態”を巡って自民党・公明党は①先議(議会初日に採決する事)が必要だから緊急性が無い、②地方議会が国会に関与するのはなじまない、③国会で審議中だから見守るべきだ、と反論し、5会派は緊急性がある、自民・公明はないと言う事で、「全会一致」にならないとの理由で意見書は本会議に上程されなかった。
・辻議員のツイッター発言を巡って この運営委での自民党・公明党の発言と結論に対して辻議員はツイッターで「自民・公明の不当な反対で意見書の提案そのものを阻止された」と掲載した。この掲載に対して自民党・公明党は辻議員に訂正や謝罪を求めて代表者会議で問題視した後、辻議員がこれに応じなかった事から「辻議員に反省を求める決議」を本会議に上程した。賛成討論には自民党、公明党の2名が立ったものの、清流越谷は決議には賛成したが討論には誰一人立たなかった。反対討論は民主ネットワーク3名、新政2名、保守無所属2名、共産党1名と8名が立った。・結果は15対14で決議は可決されたが、傍聴席には最大90名近くの市民が埋め尽くし、すべての議事が終了したのは午前1時を過ぎていた。
・議員個人の政治活動に対して多数派がこれを議決して抑制するやり方こそが問題ではないか。
・関連して 大袋中学校に5人の有志議員が授業参観(事前に教育委員会に相談し2ヶ月くらいの準備を経て)をした事に対して(子供達の意見を聞くという事が)教育の中立を犯すという事で、いきなり議員会(議員全員が出席)で佐々木議員(清流越谷)が問題視した。大袋中学校を始め開かれた学校を教育委員会は目指しており、議員が授業参観に出席することも、先生や市職員立ち合いの場で、生徒と議員が意見交換をすることも何ら問題はなく、むしろ議会全体や教育常任委員会として取り組む必要がある。ことさら問題であるかのような特定議員の言動の方が、むしろ問題ではないか。

★ 子供の医療費って無料じゃなきゃダメ? :参加者による討議
● 問題提起
・ H22年に改定、改定前までは未就学児(6歳前)は入院・通院が無料、中学生は入院が無料、改定後は中学生まで通院も無料になる。問題は通院も一気に無料になり、コンビニ医療の増加で、年間5,000万円前後の無駄と病院のパンク状態の要因になっている。
・ 他市では200円or300円の負担を設けているところもあり、無料化だけが選択肢ではない。
・ 越谷市で仮に1回に付き300円の負担を設けることができれば、削減効果は2億円となり、今の財政負担のままで高校生卒業まで無料化延長が可能である。
・ これほど大きな財源が必要とされ、様々は選択肢が考えられたにもかかわらず無料化という一つの選択肢しかなされなかった議会での予算・決算の検討が必要である。
● 討議
・ 自分がどれだけ負担をすれば、どのくらいの診療が受けられるのかを見えるようにすべき。
・ 無料になればいつでも診療が受けられるという安心感はあるが、一方で子供の状況を観察するとか、隣近所の力を借りるとかは欠落していってしまう。又医者に掛からないという予防医療の観点は後退し、その分野に金が回らなくなる。
・ 300円負担となると考えるが、無料といわれればそこで思考が停止してしまう。財政の討議に市民が参加するためには、複数の選択肢を提起して市民が考えて判断する場を提供し続けていくことが不可欠である。
・ 公共的なものを行政だけが担う必要は無い。公民連携はますます必要になる。民間でもソーシャルビジネス(社会的事業)が必要となってきている。新しい公共の概念とはそういう問題ではないか。                      


第122回/タウンミーティングのご案内

今回のテーマ
12月議会の課題について:白川ひでつぐ議員
子供の医療費って無料じゃなきゃダメ?:参加者による討議
~子育て世代の本音から、お金の使い方と議会の役割を考える~
医者
● 2013年 12月14日(土) 13:30~15:30まで
● 場所:白川ひでつぐ事務所

● 毎月、白川議員から越谷の政治・社会に対する問題提起や報告を受けて、参加者の皆さんと自由に語る場を設けています。
● 参加費や予約は不要です。お気軽にご参加下さい。
PDFファイル⇒第122回タウンミーティング_案内チラシ


H25.12.3「チーム白川」事務局
第121回 タウンミーティング 報告書

■ 日時・場所:11月17日(日) 13時30分より・中央市民会館 第14会議室
■ テーマ
・市長選で越谷市民が出した答え、選択から残った越谷の問題:白川議員
・「市長選挙後に市政はどうなる?」:参加者による討議 
―みんなが選んだ未来に、どう責任をもつのか―

はじめに この集会は選挙前に行いたかったものであるが、選挙期間中に行ってはならないと越谷市選挙管理委員会から指摘を受けたため、選挙後に行うように変更した。
● 市長選で越谷市民が出した答え、選択から残った越谷の問題:白川議員
・ 今回の市長選は、全国の他の自治体で見られた①低投票率、②国の政権与党である自公の候補が勝てない、③現職の圧勝というもので、市民は現状維持を選択した。
・ 現職が1期目の4年間で何をやってきたかが披歴された上で、対立候補が挑戦するものになるべきだったが、そうはならなかった。3候補者の政策は「安全・安心のまちづくり」を掲げたもので違いが見えず、現職は市議会で賛否が分かれた「第3庁舎建設」「本庁舎耐震化対策」に触れなかったため、市民にこの争点が伝わらないまま越谷市は平成27年4月に「第3庁舎建設」を終えて中核都市に移行することになる。
・ 地方分権を実態が伴うものにするためには、まちづくりの方針の決定過程に市民が参加して、その結果に責任を負うことが不可欠であるが、現状の市民意識は“誰かにお任せして、文句を言う”レベルを超えていない。
●「市長選挙後に市政はどうなる?」:参加者による討議
・ 3人の候補の支持者が、その理由を話した上で、再選された高橋市長に市民としてどう向き合っていくのかという視点(これだけは是非取り組んで欲しい、これはやめて欲しい等)で討議に入った。
<市民参加について>
・ 中核市移行に向けて市民がどのような役割を担うのかについて、市民を巻き込んだやり方で合意形成を図ることが求められる。
・ 1期目のタウンミーティングで市民の意見を聴取する機会は作られたが、市民の意見が反映されるようにはなっていない。市民が言いっ放しでなく、責任を持つために市民の意見を反映するやり方を工夫する必要がある。
<子どもの医療費無料化>
・ 越谷市ではこれまで小学生の医療無料化が中学生まで拡大され、町の病院への患者が急増している。無料化分は税金で負担しているのであるが、その額がどうなっているのか市民が知らなければ、無料の方がいいとなる。市民の負担額がどうなれば受けることができるサービスがどうなるかを明らかにした上で、市民が選択すべき問題だと思う。
<第3庁舎建設、本庁舎耐震化対策、中核市移行>
・ 第3庁舎建設、中核市移行に関しても、市民の負担がどうなるかという観点からは情報が提供されていない。この問題においても、市民の負担とサービスの内容を市民に示して、市民の判断を求めるべきである。
● まとめ
・ 越谷を「未来を搾取する社会」から「未来に投資する社会」に変えていくため、市民が“地域のことは自分達で責任を持って行う”やり方を作り上げる必要がある。誰か優秀なリーダーにお任せするやり方では失敗することを、他の自治体の事例から学び取ることができる。
・ 市民にとって選挙は「誰を選ぶか」を通じて、「どのようなまちを創るか」を考え、選択する重要な機会であるが、選挙期間中の活動だけでは成果に繋がらず、日常の地道な活動に取り組むことを経て考えていくことが不可欠である。
以上


平成25年11月吉日
「チーム白川」代表 伊藤 幹夫
越谷市議会議員  白川 秀嗣

「二期目市長に期待する市民の集い」
~越谷市の問題はどうなるの?~
開催のご案内

越谷市長選挙は現職の高橋市長が二期目の当選を果たしました。今回の市長選挙の投票率は31.73%(前回35.78%)と低投票率で、高橋市長の得票数49,907票は全有権者の19%に過ぎないものでした。
越谷市が抱える1,500億円に及ぶ累積債務を減少させるための方策は争点とならず、次の世代にそのまま先送りされることとなりました。
第3庁舎建設を巡っては「市民への説明は一切行わない」姿勢が継続され、本庁舎の耐震化は先送りされたままです。
平成27年4月を目途に中核市への移行に関して、市民はサービスが向上するメリットを受けるだけで、ディメリットはないとする問題にも議論が及ぶことには至りませんでした。
つまり、越谷市が抱える大きな問題は、市民が動かなければ解決できない事が明らかになった選挙ではないでしょうか。
今回「二期目市長に期待する市民の集い」~越谷市の問題はどうなるの?~を開催し、市長選挙を通して見えて来た問題や今後の市長、議会、市民による地域再生の課題を話し合う場にしたいと思いますので、ご参加頂きます様ご案内申し上げます。

1.日時 11月17日(日)午後1時30分から午後4時

2.場所 越谷市中央市民会館 第14会議室
越谷市越ヶ谷4-1-1  ℡048-966-6622
3.主催 「チーム白川」

4.参加費 無料

5.3候補を支持した市民から、支持した理由や選挙戦を振り返りお話しして頂
き、その後市政の中で今後大きな課題となる事へのコメントなど、参加者か
ら発言などフリートーク。
6.連絡先 「チーム白川」事務局 岡村 (090-3342-3064)

チラシPDF⇒新121回タウンチラシ表裏-1


平成25年10月19日
                         「チーム白川」代表 伊藤 幹夫
                          越谷市議会議員  白川 秀嗣

「市長選挙を語る市民の集い」(10月24日) 中止とお詫び

先般、皆様にご案内致しました10月24日開催予定の「市長選挙を語る市民の集い」(以降、「市民の集い」と略称)は、中止せざるを得なくなりました。
それは、越谷市選挙管理委員会から、選挙期間中における集会は、制限されるとの指摘を受けたためです。市長選挙期間中(10月20日から26日まで)は、団体や組織が主催する、特定候補者の支持または不支持は、もとより政策や公約を話し合う集会は、開催出来ないという事でした。(主催が政治家や市民個人の場合は、その制限はなく自由に行える)
このため、大変残念ですが「市民の集い」を中止することとし、市民の皆様には心からお詫び申し上げます。
 もとより、この集会は特定候補を支持するための目的ではなく、33万市民の今後4年間を決定する市政のトップリーダーを選ぶ市長選挙で、各候補者の政策の違いや選択のための判断材料を市民がフランクに話し合う場として企画したものでした。
それはだれが市長に当選されても越谷市が抱える大きな問題への対応について行政だけではなく、市民も責任を引き受けなければならない、と言う主権者としての市民の役割を様々な市民の共通認識とする事でした。つまり「たかが一票、されど一票」です。
従って、市長選挙後にあらためて「市長選挙後に市政はどうなる、市民の集い」(仮称)を開催し、市長選挙を通してみえて来た問題や今後の市長、議会、市民による地域再生の課題を話し合う場を計画しています。日時や内容が決まり次第ご案内をさせて頂きます。
「市民の集い」は中止させて頂きますが、市長選挙期間中は市民としてよりよい選択が出来るための活動は、言うまでもありませんが取り組みを継続します。
「市民の集い」の直前の中止のご連絡を含め、重ねてお詫び申し上げます。

中止する「市長選挙を語る市民の集い」

1、 日時 10月24日(木)午後6時30分から午後9時

2、  場所 越谷市中央市民会館 第3会議室
越谷市越ヶ谷4-1-1  ℡048-966-6622
3、 主催 「チーム白川」

連絡先 「チーム白川」事務局 岡村 (090-3342-3064)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓中止講座↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

121回タウンチラシ表裏-1121回タウンチラシ表裏-2
PDFファイル⇒121回タウンチラシ表裏

平成25年10月吉日
                         チーム白川 代表 伊藤 幹夫
                         越谷市議会議員  白川 秀嗣
「たかが一票、されど一票 越谷市長選挙で私たちが選択するわけ」
 -3人の予定候補者を何故支持するのか、市民によるフリートーク=
市民の集い 開催のご案内
日一日と秋の気配を心地よく感じる頃になりましたが、皆様お元気でご活躍の事と存じます。
また、先般の竜巻により被災された市民の皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。
日常生活を一日でも早く取り戻す事が出来ます様、微力ですが活動を続けさせて頂きます。
 さて、10月27日に投開票される越谷市長選挙では、現在現市長を始め、越谷市議会議員と元県会議員の3人が立候補の意志を表明しておられます。
 この市長選挙は、33万越谷市民の少なくとも今後4年間の地域や市政の方向を決定づけ、何よりも子ども達の未来を指し示す大切な選挙となります。
 しかし、残念ながら昨年の衆議院選挙、7月の参議院選挙では、争点設定があいまいのままの選挙となったため、「選びたくても、選べない」状態が起きてしまいました。それでも市民は悩みながら選択しましたが、何を選ぶのかその政策課題が極めて重要だと再認識しました。市長選挙は、市民にとって最も身近な選挙であり、自分達の暮らす地域をどうしていくのか、どう参加していくのか、を一人一人の市民が問われるものです。
 そこで、現市政の4年間の業績評価の上で、越谷市が抱えている問題とは何か、どうすれば解決していくのか、3人の予定候補者を支援する市民は何故支持するのか等、市民の皆さんと自由に話会う場を以下の通り開催しますので、ご案内申し上げます。

1、 日時 10月24日(木)午後6時30分から午後9時

2、  場所 越谷市中央市民会館 第3会議室
越谷市越ヶ谷4-1-1℡048-966-6622
3、 主催 チーム白川(代表 伊藤幹夫)
4、 参加費 無料
5、 進行 予定候補者を支持する市民から、支持の理由をお話しして頂き、その後市政
 の中で争点となる課題へのコメントや参加者からの発言などフリートーク。
6、 連絡先 チーム白川事務局 岡村 090-3324-3064