市民と議員で新たな地域を創り出す 政経セミナー 第2期特別講座 【第9回】

越谷いちごのブランド化から見えてくる農業のいま

講師:木村 友和氏(いちご工房木村屋代表)
      長柄 幸聖氏(越谷市環境経済部長)

★講演の後、参加者による意見交換を行います。

2月23日(土)  18:30開会 (開場18:00 終了 21:00 )
越谷市中央市民会館 5階 第4,5会議室 
東武線越谷駅下車徒歩7分 越谷市越ヶ谷4-1-1 ☎048-966-6622
★定員:50人(先着順・申込み不要)
★受講料:1000円(会員500円) ※会員登録【年間】議員5000円 市民2000円

PDFファイル⇒第9回政経セミナー特別講座チラシ


議会基本条例と統一ローカルマニフェスト 
昨年4月の統一地方選挙で、超党派の下記の市議会議員と県議会議員は、市民とともに策定した「統一ローカルマニフェスト2011」を選挙公約として掲げて当選しました。
そしてマニフェスト実現のために、マニフエスト項目に沿って連続講座を開催しながら、市民と議員が学び育っていくことがこの政経セミナー特別講座(第二期)の目的です。
今回の講座第一部では、マニフエスト項目【徹底した情報公開と市民参加による議会改革を進めます】を前進させるために、その鍵となる議会基本条例について、首都大学東京准教授の長野先生を講師に学びます。第二部では、地方自治体の現状と課題について、地元越谷市の高橋市長から、中核市移行の課題を主軸にお話いただきます。

PDFファイル⇒第7回政経セミナー特別講座チラシ


平成24年6月定例議会が、6月1日から6月19日までの日程で開かれました。
この議会では、市長から提出された15件の議案や、市民請願などについて審議を行いました。
桜井地区では各議員が、主権者であり納税者である市民の皆さんに市政を説明する責任を果たすために、
個々の考えも交えながらより分かりやすく市政の現状を報告し市民の皆さんと共有していきたいと考えています。
毎回多くの方にご参加を頂いておりますが、今回も皆様のご出席をお待ちしています。

日程7月22日(日) 14:00より(16:00終了予定)
場所 桜井地区センター「あすぱる」2階学習室A・B
(どなたでも参加できます)

桜井市政報告会1


「第2期政経セミナー」 第6回特別講座 (6月24日)開催について
 新緑が目にまぶしい季節となりましたが、皆様お元気でご活躍のことと思います。
 さて、4月の第5回講座に木村先生を招き、「超高齢社会における地域ネットワークづくり」をテーマに、人口減少と高齢社会の同時進行という史上最初の課題にどう対応していくのか講演して頂きました。その解決策は自治体での市民による自律的なネットワークの構築の中に生まれてくると、強調されていました。
 さて、昨年の統一地方選挙で掲げた超党派候補による「統一ローカルマニフェスト2011」の実現過程も市民自治や自治分権の強化につながるものでなければなりません。このため選挙時に市民に約束したように、マニフェストの進捗状況を報告し、検証を受ける場を下記の要綱で設定しましたので、ぜひご参加頂きますようご案内申し上げます。
 また、この検証大会にむけ政経セミナー運営委員を中心に、検証プロジェクトチームを編成し、事前の調査、点検作業を実施し、参加者の皆さんととともに協議して行きます。
 自由参加ですので、こちらにも合わせてご参加下さい。

PDFファイル⇒第6回政経セミナー特別講座チラシ


14時間マラソン演説会のご案内
主催:「チーム白川」 マラソン演説会実行委員会
☆日時 平成24年5月23日(水)
午前6時~午後8時
☆場所 せんげん台駅東口
☆スタイル 「演説」と「チラシ配布」

「マラソン演説会」は白川ひでつぐ議員が初当選の1周年目の平成16年5月に、街頭での市政報
告会を目指し、市民が参加する政治の場づくりとして始めたもので、今回、第8回目を迎えること
になります。この間、多くの市民の皆様、議員の皆様のご協力を賜り、毎回、無事完走することが
出来ました。そして、第6回目から演説会の企画・運営も市民が担当するようになり、市民と議員
による街頭での市政報告会として機能するようになってきました。
3.11 東日本大震災と市議選から一年がたち、「参加する政治」から、更に「引き受ける政治」への
進展が求められています。今回のマラソン演説会では、その後、『越谷がどうなっており、どうな
りうるか』市民と議員が一体となり、訴えます。まちづくりを行政や議会にお任せにすることなく、
市民が参加することを通じ、越谷改革を一歩進めましょう!!

PDFファイル⇒第8回14時間マラソン演説会チラシ(案)ー改2


「第2期政経セミナー」 第5回特別講座 (4月22日)開催について

小中学校の入学式のころとなり異常な寒さが続いていましたが、春らしい毎日となりました。
さて、本年2月に政経セミナー第2期特別講座第4回講座に環境エネルギー政策研究所主任研究員の山下紀明氏を招き、「自然エネルギーで変える くらし・地域・市場」をテーマに原発依存のエネルギーから地域の選択と自立による多様なエネルギーについて講演して頂きました。
特に昨年の福島第一原発事故によって、戦後の独占的、中央集権的な電力供給を地域分散型、エネルギーミックスによる多様型に転換していく時代にはいったことがより明確になった。ここで重要なことは地域における一人一人の市民が、自分達自身のエネルギー使用に責任を持てるかどうか、という事だと強調されました。
この指摘は、この間政経セミナー特別講座で講演して頂いた内容と共通するもので、市民が地域で21世紀型の共同体をどう創造していくのか、その責任と役割を問うものです。
そこで、今回は自治体における介護や医療や福祉の地域ネットワークによる自立社会を実現するために、千葉県柏市で福祉部長として直接の担当者だった木村先生に以下のテーマで講演して頂きます。全国の視察が集中している柏市での実践的事例を含めて、70分の講演とともに参加者全員でグループ討論、発表も前回と同様取り組みます。

第5回特別講座
1、日時   4月22日(日)午後2時から午後4時40分
2、場所   越谷市中央市民会館5階 第2・3会議室
3、テーマ  超高齢社会における地域ネットワークづくり
4、講師   木村 清一(東京大学高齢社会総合研究機構 学術支援専門職員)
5、参加費  1000円(但し会員は500円)
6、主催 政経セミナー運営委員会 (連絡先  白川 090-1121-9324)

PDFファイル⇒第5回政経セミナー特別講座チラシ最終

PDFファイル⇒第2期 第5回セミナー案内文(参加者用)


「第2期政経セミナー」 第4回特別講座 (2月19日)開催について

 新年を迎え、皆様お元気でご活躍のことと存じます。
 さて、昨年12月には政経セミナー第2期特別講座第3回講座に埼玉県北本市の石津市長を招き、「マニフェストによる市政経営と市民参加」をテーマに基礎自治体での現状と問題点を話して頂きました。
 特にマニフェストを実行するにあたり、職員はもとより、議会や関係住民や市民への説明や意見聴取に時間をかけ丁寧に取り組んできた実践例を提起して頂きました。
 その中では、徹底して議会での説明や市民同士の協議を積み上げてきたにも拘わらず、「話を聞いていない?」という理由を口実に反対を続ける議員や市民がいること。
 どんなに説明や説得をしても最初から反対の姿勢をとり続ける議員や市民を含めた市民合意と政策の実行を担う市長の責任の重さを実感しました。
 さらに、当選至上主義なら「何もしないこと」が最大の武器(?)となるが、これでは激変する時代には対応出来ない、とも強調されていました。
 そこで今回は3,11、原発事故を契機に地域共同体の生活基盤の転換を進めるために、エネルギーシフトを象徴としてどう準備するのか、講演して頂きます。

第4回特別講座

1、日時   2月19日(日)午後2時
2、場所   サンシティ視聴覚室(越谷市南越谷1-2876-1)
3、テーマ  自然エネルギーで変える くらし・地域・市場
4、講師   山下 紀明 (環境エネルギー政策研究所 主任研究員)
5、参加費  1000円(但し会員は500円)
6、主催 政経セミナー運営委員会 (連絡先  白川 090-1121-9324)
PDFファイル⇒第4回政経セミナー特別講座チラシ正

PDFファイル⇒第2期 第4回セミナー案内文(参加者用)


第2回 桜井地区 市民と議員の勉強会 
  ごみ問題を考える。最終処理を巡って。
 ―放射能の影響で見えてきた、ごみ減量化ー
日時 2012年 2月5日(日)午後2時から午後4時

場所 桜井地区センター「あすぱる」会議室
  越谷市下間久里792-1 ℡ 970-7600

説明者 越谷市 環境資源課長 
東埼玉資源環境組合 資源エネルギー課長

PDFファイル⇒第2回市民と議員の勉強会チラシ


第3回桜井地区市政報告会のご案内

 平成23年12月定例議会が、11月30日から始まり12月16日まで開かれていました。
この議会では、市長から29件の議案が上程され、市民からも2件の請願が寄せられました。今回の議案の中には補正予算についての議案もありましたが、行政の運営はすべて、市民の皆さんお一人お一人が納められた税金によって為されています。
 桜井地区では各議員が、主権者であり納税者でもある市民の皆さんに市政を説明する責任を果すために、個々の考えも交えながらより分かりやすく市政の現状を報告し、市民の皆さんと共有していきたいと考えています。たくさんの方のご出席をお待ちしています。

 日時  1月13日(金) 19:00より 
(21:00終了予定)

 場所  桜井地区センター「あすぱる」2階学習室A・B
(どなたでも参加できます)

 テーマ 越谷市議会12月定例議会

 一年は早いもので、あっという間に平成23年が終わろうとしています。今年は皆様方それぞれが大変な思いをされたのではないでしょうか。来年は良い年になるよう祈念しています。
 さて、桜井地区では地区の議員が市民の皆様へ「市政を分かりやすく説明すること」を念頭におき、その方法として市政報告会を定例議会ごとに開催しています。
その市政報告会に毎回多数の方々にお越し頂き、活発なご意見も頂いていますが、3回となります平成23年12月定例議会の報告会を別紙の通り開催いたします。
 12月定例議会は市長より29件の議案(人事議案1件、一般議案23件、補正予算5件)が上程され審議されました。また、市民から2件の請願が寄せられ、併せて審査をしました。
 それら議会の議決内容も含めて皆様にご報告をし、ご意見も頂きたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 また、「市民と議員の勉強会」という新たな試みもはじめました。11月の第一回めの勉強会にご参加頂いた皆様に御礼申し上げます。後日改めてご案内致しますが、2月5日(日)に第二回めを開催する予定です。そちらにもぜひ足をお運び頂きたいと存じます。
 寒さが厳しくなる時期ですので皆様くれぐれもご自愛ください
PDFファイル⇒第3回桜井地区市政報告会 (3)


市民と議員で新たな地域を創り出す 
     政経セミナー  第2期特別講座 №3
 市長マニフェストによる市政経営と市民参加
 ―争点となった駅前再開発をめぐる市民合意とはー
日時 12月21日(水)午後6時30分
場所 越谷市中央市民会館 5階 第4会議室
 越谷市越ケ谷4-1-1 ℡048-966-6622
講師  石津 賢治 埼玉県北本市長/ 現在3期目、1964年生まれ。
東大卒、91年北本市議から市長へ 
定員  50人(先着順)会員登録(年間)議員5000円 市民2000円
   受講料  1講座 1000円(会員は500円)
主催 政経セミナー運営委員会(代表 辻 浩司 越谷市議会議員 

PDFファイル⇒第3回政経セミナー特別講座チラシ