「第2期政経セミナー」 第5回特別講座 (4月22日)開催について

小中学校の入学式のころとなり異常な寒さが続いていましたが、春らしい毎日となりました。
さて、本年2月に政経セミナー第2期特別講座第4回講座に環境エネルギー政策研究所主任研究員の山下紀明氏を招き、「自然エネルギーで変える くらし・地域・市場」をテーマに原発依存のエネルギーから地域の選択と自立による多様なエネルギーについて講演して頂きました。
特に昨年の福島第一原発事故によって、戦後の独占的、中央集権的な電力供給を地域分散型、エネルギーミックスによる多様型に転換していく時代にはいったことがより明確になった。ここで重要なことは地域における一人一人の市民が、自分達自身のエネルギー使用に責任を持てるかどうか、という事だと強調されました。
この指摘は、この間政経セミナー特別講座で講演して頂いた内容と共通するもので、市民が地域で21世紀型の共同体をどう創造していくのか、その責任と役割を問うものです。
そこで、今回は自治体における介護や医療や福祉の地域ネットワークによる自立社会を実現するために、千葉県柏市で福祉部長として直接の担当者だった木村先生に以下のテーマで講演して頂きます。全国の視察が集中している柏市での実践的事例を含めて、70分の講演とともに参加者全員でグループ討論、発表も前回と同様取り組みます。

第5回特別講座
1、日時   4月22日(日)午後2時から午後4時40分
2、場所   越谷市中央市民会館5階 第2・3会議室
3、テーマ  超高齢社会における地域ネットワークづくり
4、講師   木村 清一(東京大学高齢社会総合研究機構 学術支援専門職員)
5、参加費  1000円(但し会員は500円)
6、主催 政経セミナー運営委員会 (連絡先  白川 090-1121-9324)

PDFファイル⇒第5回政経セミナー特別講座チラシ最終

PDFファイル⇒第2期 第5回セミナー案内文(参加者用)


「第2期政経セミナー」 第4回特別講座 (2月19日)開催について

 新年を迎え、皆様お元気でご活躍のことと存じます。
 さて、昨年12月には政経セミナー第2期特別講座第3回講座に埼玉県北本市の石津市長を招き、「マニフェストによる市政経営と市民参加」をテーマに基礎自治体での現状と問題点を話して頂きました。
 特にマニフェストを実行するにあたり、職員はもとより、議会や関係住民や市民への説明や意見聴取に時間をかけ丁寧に取り組んできた実践例を提起して頂きました。
 その中では、徹底して議会での説明や市民同士の協議を積み上げてきたにも拘わらず、「話を聞いていない?」という理由を口実に反対を続ける議員や市民がいること。
 どんなに説明や説得をしても最初から反対の姿勢をとり続ける議員や市民を含めた市民合意と政策の実行を担う市長の責任の重さを実感しました。
 さらに、当選至上主義なら「何もしないこと」が最大の武器(?)となるが、これでは激変する時代には対応出来ない、とも強調されていました。
 そこで今回は3,11、原発事故を契機に地域共同体の生活基盤の転換を進めるために、エネルギーシフトを象徴としてどう準備するのか、講演して頂きます。

第4回特別講座

1、日時   2月19日(日)午後2時
2、場所   サンシティ視聴覚室(越谷市南越谷1-2876-1)
3、テーマ  自然エネルギーで変える くらし・地域・市場
4、講師   山下 紀明 (環境エネルギー政策研究所 主任研究員)
5、参加費  1000円(但し会員は500円)
6、主催 政経セミナー運営委員会 (連絡先  白川 090-1121-9324)
PDFファイル⇒第4回政経セミナー特別講座チラシ正

PDFファイル⇒第2期 第4回セミナー案内文(参加者用)


第2回 桜井地区 市民と議員の勉強会 
  ごみ問題を考える。最終処理を巡って。
 ―放射能の影響で見えてきた、ごみ減量化ー
日時 2012年 2月5日(日)午後2時から午後4時

場所 桜井地区センター「あすぱる」会議室
  越谷市下間久里792-1 ℡ 970-7600

説明者 越谷市 環境資源課長 
東埼玉資源環境組合 資源エネルギー課長

PDFファイル⇒第2回市民と議員の勉強会チラシ


第3回桜井地区市政報告会のご案内

 平成23年12月定例議会が、11月30日から始まり12月16日まで開かれていました。
この議会では、市長から29件の議案が上程され、市民からも2件の請願が寄せられました。今回の議案の中には補正予算についての議案もありましたが、行政の運営はすべて、市民の皆さんお一人お一人が納められた税金によって為されています。
 桜井地区では各議員が、主権者であり納税者でもある市民の皆さんに市政を説明する責任を果すために、個々の考えも交えながらより分かりやすく市政の現状を報告し、市民の皆さんと共有していきたいと考えています。たくさんの方のご出席をお待ちしています。

 日時  1月13日(金) 19:00より 
(21:00終了予定)

 場所  桜井地区センター「あすぱる」2階学習室A・B
(どなたでも参加できます)

 テーマ 越谷市議会12月定例議会

 一年は早いもので、あっという間に平成23年が終わろうとしています。今年は皆様方それぞれが大変な思いをされたのではないでしょうか。来年は良い年になるよう祈念しています。
 さて、桜井地区では地区の議員が市民の皆様へ「市政を分かりやすく説明すること」を念頭におき、その方法として市政報告会を定例議会ごとに開催しています。
その市政報告会に毎回多数の方々にお越し頂き、活発なご意見も頂いていますが、3回となります平成23年12月定例議会の報告会を別紙の通り開催いたします。
 12月定例議会は市長より29件の議案(人事議案1件、一般議案23件、補正予算5件)が上程され審議されました。また、市民から2件の請願が寄せられ、併せて審査をしました。
 それら議会の議決内容も含めて皆様にご報告をし、ご意見も頂きたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 また、「市民と議員の勉強会」という新たな試みもはじめました。11月の第一回めの勉強会にご参加頂いた皆様に御礼申し上げます。後日改めてご案内致しますが、2月5日(日)に第二回めを開催する予定です。そちらにもぜひ足をお運び頂きたいと存じます。
 寒さが厳しくなる時期ですので皆様くれぐれもご自愛ください
PDFファイル⇒第3回桜井地区市政報告会 (3)


市民と議員で新たな地域を創り出す 
     政経セミナー  第2期特別講座 №3
 市長マニフェストによる市政経営と市民参加
 ―争点となった駅前再開発をめぐる市民合意とはー
日時 12月21日(水)午後6時30分
場所 越谷市中央市民会館 5階 第4会議室
 越谷市越ケ谷4-1-1 ℡048-966-6622
講師  石津 賢治 埼玉県北本市長/ 現在3期目、1964年生まれ。
東大卒、91年北本市議から市長へ 
定員  50人(先着順)会員登録(年間)議員5000円 市民2000円
   受講料  1講座 1000円(会員は500円)
主催 政経セミナー運営委員会(代表 辻 浩司 越谷市議会議員 

PDFファイル⇒第3回政経セミナー特別講座チラシ


第2回桜井地区市政報告会のご案内

 平成23年9月定例議会が、9月1日から始まり22日まで開かれていました。
この議会では、平成22年度に越谷市が使った約1500億円についての決算の認定をしました。そのお金は市民の皆さん方お一人お一人が納められた税金が元になっています。その内容をぜひ皆さんにも広く知って頂きたいと思います。
 そのために桜井地区では、主権者である市民の皆さんに市政を説明する責任を果すために、各議員の考えも話しながらより分かりやすく市政の現状を報告し、市民の皆さんと共有していきたいと考えています。たくさんの方のご出席をお待ちしています。

 日時  10月18日(火) 19:00より 
(21:00終了予定)

 場所  桜井地区センター「あすぱる」2階学習室A・B
(どなたでも参加できます)

 テーマ 越谷市議会9月定例議会
PDFファイル⇒第2回桜井地区市政報告会


市民と議員で新たな地域を創り出す
政経セミナー 第2期特別講座 №2

国が動かなければ、地方が動く
―3,11大震災を通して市長の覚悟を語るー

日時 10月25日(火)午後6時30分
場所 越谷市中央市民会館 4階 第18会議室
越谷市越ケ谷4-1-1 ℡048-966-6622

講師 根本 崇 千葉県野田市長/ 現在5期目、1945年生まれ。
定員 50人(先着順)会員登録(年間)議員5000円 市民2000円
受講料 1講座 1000円(会員は500円)

主催 政経セミナー運営委員会(代表 辻 浩司 越谷市議会議員 )
PDFファイル⇒第2回政経セミナー特別講座チラシ


桜井地区 市民と議員の勉強会
放射能被ばくからこどもたちを守るために
―越谷市の放射線対策と現状を知ろうー
日時 11月6日(日)午後2時から午後4時
場所 桜井地区センター「あすぱる」会議室
越谷市下間久里792-1 ℡ 970-7600
説明者 越谷市 環境政策課長
教育委員会 学務課長・給食課長
桜井放射線勉強会チラシ



主催:5年後10年後子どもたちが健やかに育つ会・越谷
後援:越谷市・越谷市教育委員会
講師:崎山比早子(医学博士)
日時:9/11日(日)10:00~12:00(会場受付9:45)
場所:越谷コミュニティーセンター・サンシティー小ホール
参加費:1000円
定員:450名(申し込み不要)※定員になり次第入場をお断りいたします

【崎山比早子先生プロフィール】
医学博士、元放射線医学総合研究所主任研究員。マサチューセッツ工科大学研究員を
経て現在高木学校所属。(高木学校: 故高木仁三郎が市民科学者を育てるために創った学
校)放射線被ばく研究の第一人者。震災後の5 月20 日、衆議院特別委員会で参考人として
「放射線の健康への影響について」の意見を陳述。

子どもたちの健康な未来を願う、母親たちを中心に自然発生した集まりです。葉山で始まり、仙
台・宮城、町田、三鷹、国立、武蔵野、逗子、鎌倉、大磯、藤沢、足柄、さいたま、春日部、所沢、岡山に支部があり、全国に増え続けています。
越谷支部では、埼玉県他地域と共に勉強会・講演会開催、情報交換会、自治体との交渉といった活動をしています。各地で少しずつ活動内容は異なりますが根本に「たからものであり希望である子ども達が5年後、10年後も健やかに育つ」未来を作るという共通理念があります。 
PDFファイル⇒放射線の身体への影響