第2回桜井地区市政報告会のご案内

 平成23年9月定例議会が、9月1日から始まり22日まで開かれていました。
この議会では、平成22年度に越谷市が使った約1500億円についての決算の認定をしました。そのお金は市民の皆さん方お一人お一人が納められた税金が元になっています。その内容をぜひ皆さんにも広く知って頂きたいと思います。
 そのために桜井地区では、主権者である市民の皆さんに市政を説明する責任を果すために、各議員の考えも話しながらより分かりやすく市政の現状を報告し、市民の皆さんと共有していきたいと考えています。たくさんの方のご出席をお待ちしています。

 日時  10月18日(火) 19:00より 
(21:00終了予定)

 場所  桜井地区センター「あすぱる」2階学習室A・B
(どなたでも参加できます)

 テーマ 越谷市議会9月定例議会
PDFファイル⇒第2回桜井地区市政報告会


市民と議員で新たな地域を創り出す
政経セミナー 第2期特別講座 №2

国が動かなければ、地方が動く
―3,11大震災を通して市長の覚悟を語るー

日時 10月25日(火)午後6時30分
場所 越谷市中央市民会館 4階 第18会議室
越谷市越ケ谷4-1-1 ℡048-966-6622

講師 根本 崇 千葉県野田市長/ 現在5期目、1945年生まれ。
定員 50人(先着順)会員登録(年間)議員5000円 市民2000円
受講料 1講座 1000円(会員は500円)

主催 政経セミナー運営委員会(代表 辻 浩司 越谷市議会議員 )
PDFファイル⇒第2回政経セミナー特別講座チラシ


桜井地区 市民と議員の勉強会
放射能被ばくからこどもたちを守るために
―越谷市の放射線対策と現状を知ろうー
日時 11月6日(日)午後2時から午後4時
場所 桜井地区センター「あすぱる」会議室
越谷市下間久里792-1 ℡ 970-7600
説明者 越谷市 環境政策課長
教育委員会 学務課長・給食課長
桜井放射線勉強会チラシ



主催:5年後10年後子どもたちが健やかに育つ会・越谷
後援:越谷市・越谷市教育委員会
講師:崎山比早子(医学博士)
日時:9/11日(日)10:00~12:00(会場受付9:45)
場所:越谷コミュニティーセンター・サンシティー小ホール
参加費:1000円
定員:450名(申し込み不要)※定員になり次第入場をお断りいたします

【崎山比早子先生プロフィール】
医学博士、元放射線医学総合研究所主任研究員。マサチューセッツ工科大学研究員を
経て現在高木学校所属。(高木学校: 故高木仁三郎が市民科学者を育てるために創った学
校)放射線被ばく研究の第一人者。震災後の5 月20 日、衆議院特別委員会で参考人として
「放射線の健康への影響について」の意見を陳述。

子どもたちの健康な未来を願う、母親たちを中心に自然発生した集まりです。葉山で始まり、仙
台・宮城、町田、三鷹、国立、武蔵野、逗子、鎌倉、大磯、藤沢、足柄、さいたま、春日部、所沢、岡山に支部があり、全国に増え続けています。
越谷支部では、埼玉県他地域と共に勉強会・講演会開催、情報交換会、自治体との交渉といった活動をしています。各地で少しずつ活動内容は異なりますが根本に「たからものであり希望である子ども達が5年後、10年後も健やかに育つ」未来を作るという共通理念があります。 
PDFファイル⇒放射線の身体への影響


市民と議員で新たな地域を創り出す 
政経セミナー   第2期特別講座 №1
 大震災後の地方自治体の課題と議会
 ―国と地方の関係を変える議会の役割とはー
日時 8月11日(木)午後6時30分
場所 越谷市中央市民会館 第2・3会議室
 越谷市越ケ谷4-1-1 ℡048-966-6622
講師  廣瀬克哉 法政大学教授 /自治体議会改革フォーラム代表
定員  50人(先着順)会員登録(年間)議員5000円 市民2000円
   受講料  1講座 1000円(会員は500円)
主催 政経セミナー運営委員会(代表 辻 浩司 越谷市議会議員 )
PDFファイル⇒第1回政経セミナー特別講座チラシ


政経セミナー    特別講座 №7

 統一自治体選挙報告市民集会
―我ら市会議員選挙をかく戦へり―
■日時 6月1日(水)午後6時30分
■場所 越谷市中央市民会館 第2・3会議室
 越谷市越ケ谷4-1-1 ℡048-966-6622
■報告   政経セミナー
「統一ローカルマニフェスト2011」賛同者

PDFファイル⇒第7回政経セミナー特別講座チラシ


2353_0
3月6日(日)午後2時より
越谷中央市民会館にて
白川ひでつぐと語る市民の集いが
開催されたことを報告します。

●基調提起
「市民が参加し、責任を持つ地域
共同体への挑戦」 白川ひでつぐ
●パネルディスカッション
・パネラー 
辻 浩司・越谷市議、菊地貴光・越谷市議
橋本哲寿・社会福祉士
・コーディネーター 白川ひでつぐ

4月市会議員選挙にむけて先日発表された
2353_1
統一ローカルマニフェストの提起が基調やパネルで
討議されました。
この統一マニフェストは「市民が参加し、責任をもつ
地域への挑戦」-すべての資源を次世代への投資に
転換するー」をスローガンとしており、パネラー
(策定の責任者)3人は政策を実行する市会議員
や候補者として発言を行いました。

パネル後、フラダンスや阿波踊りのアトラクションが
登場し、ヤンヤの歓声を浴びて盛況な集いと成りました。

参加された皆さん、会を盛り上げて頂いたフラダンス
や阿波踊りの皆さん 誠にありがとうございました。

来賓の方々
木下博信・前草加市長、石川下公・越谷市議会議長
中村譲二・越谷市議、原田秀一・越谷市議
江原千恵子・越谷市議、辻 浩司・越谷市議
菊地貴光・越谷市議、鈴木精一・久喜市議
細川 威(越谷市議・さいたま県議会予定候補者)
藤澤慎也(さいたま県議会予定候補者)、橋本哲寿
(越谷市議予定候補者)、所要により遅れて駆け
つけていただいた山本正乃(越谷市議・さいたま
県議会予定候補者)

2353_2
写真は上から
 基調提起 白川ひでつぐ市議
 パネルディスカッション
 阿波踊り


市民の集い