PDFファイル⇒17年3月天秤棒駅頭19

予期しない高校一年の女生徒の労い
昨日の夜駅立ちは、せんげん台駅西口で、午後7時から午前0時過ぎまで実施した。
午後7時前に東口に到着したが、幸福実現党の男性がタスキをかけてチラシを配布していた。1枚頂いたが、トランプ現象を評価する内容になっており、保護主義を推進する方針には賛成しかねる。そのまま 西口に回る。
すると、10分もしない内にその男性が西口に回って来て何処かに立ち去っていった。
すでに、西口では駅ビルで営業している居酒屋のアルバイトの女性店員が呼び込みのためチラシを配布していた。
30分毎に別の女性と交代して配布。午後9時過ぎ制服姿の1年の女高校生から、笑顔で缶ココアを頂いた。何の関係もなさそうだったので、お礼と共に何故私が頂けるのか、尋ねてみた。
都内の公立高校の生徒で、住まいも都内。
チラシをづーっと配布していたから、との返事だった。
恐らく寒さの中で、居酒屋の呼び込みチラシを受け取る市民の反応はそれほどよくはない中で30分でも辛い仕事を、私が2時間近く一人で配布している事への労いなのだろう。
今時の高校生にいたく感動した。あなたもがんばれ、私も午前0時間までがんばるから。
また、それからすぐに馴染みの30代の女性からも缶コーヒーを頂いた。夜駅立ちでは毎回頂く。
一段と気温が下がり、体調もテンションも下がりかけている時、こんな気遣いは本当に元気が湧いて来る。
時間の経過と共に、気温が下がっていくため乗降客も寒いね〜、と会話している。
午後11時を過ぎた頃30代のサラリーマンに声をかけてみた。
随分遅い帰宅ですが、今日は送別会ですか、と。するといいえ、いつもこの時間になります、との返事。
更に他の男性にも同じ質問をしたが同じ返事。日常的のこの時間なのだ。つまり長時間労働が常態化している。
午前0時過ぎ帰宅の女性から、10年以上も前から私を知っている。私の市議選のパンフレットを作成し、インカム姿が以前から印象的だった、との話。
実は私が依頼していた印刷会社の元社員で、作成の担当者との話だった。今は都内の会社に通勤している、と。
この日は送別会があちこちで開催されていた様だ。3月議会終了後、本会議場で3月一杯で退職する11人もの部長級の越谷市職員の退任セレモニーを開催した。
その内の2人の部長がほろ酔い状態で通過した。また、刷新クラブの一人の議員も議会終了の反省会後に出会った。
(3月18日)

初めてのコッペパンの差し入れに
昨夜の夜駅立ちは、午後7時から午前0時過ぎまでせんげん台駅東口で実施。午後8時過ぎ旧知の40代のサラリーマンが、一旦市政レポートを受け取った後、戻って来てペットボトルの差し入れを。
直ぐに馴染みの別のサラリーマンも同じ様に、差し入れをして頂いたが、ペットボトルとコッペパンを一つ。
このパンは、本当に美味しいですよ、と笑顔で。コッペパンの差し入れは初めての体験だが、気遣いに感謝。
午後9時頃平方地区に居住する50代の男性から、声が掛かる。
すでに10年以上も私を見て来たが、朝も夜もそうだがあなたの呼びかけの声が、物凄く聴きやすい。
他の議員は朝からうるさく聞こえると。うるさくない様に、またあまりに小さな声でないように続けて来たが、こんな反応を始めて聞かせて頂いた。        (3月24日)

高橋市長の公約の検証を要請される
昨朝の駅立ちは、北越谷駅東口で、午前6時から開始したが、前日はせんげん台駅での夜駅立ちのため就寝したのは午前2時。
起床したのが午前5時なので睡眠時間は、3時間程だがままある事なので、それ程眠くはない。
午前8時過ぎ大沢地区の自治会の役員をしている馴染みのサラリーマンから話しが。
本年10月の越谷市長選挙に関して、先般高橋市長との懇談会で話をしたが、小学校の洋式トイレの整備方針には疑問がある。
一校に一個づつの計画では、防災対応が、出来ないと市長に質問したが、黙ってしまって返事がなかった。
この件を含めて高橋市長の公約の検証を是非やって欲しい、との事。
しかも、高橋市長の前回の選挙チラシをカバンから取り出して、私に渡された。
当然だがこの駅で事前に連絡をし合ってこの話しをした訳ではないが、日頃から関心を持っておられた事に嬉しくなった。
今月末には市長公約を検証した市政レポートを作成し配布する、と伝えた。次回に配布する。
(3月25日)

夜駅立ちは居酒屋の呼び込みか?
昨日の駅立ちは、朝は越谷駅東口で午前6時から8時30分まで実施。
午前6時30分頃30代の馴染みのサラリーマンから、500円のカンパを頂いた。
確か初めての事と思うが、会話をする間もなく改札に向かわれた。
更に大きな犬の散歩中に出会う男性からも同額のカンパが。毎回頂いている。
午前8時過ぎ、これも毎回ペットボトルを頂くサラリーマンに、今日は少し出勤が遅めですね、と話したら、栃木県に今から出張のため通常より少し遅いとの返事。
すみません時間がなくて差し入れが出来ませんと、申し訳なさそうに話されたので、とんでもありません。早く電車に乗って下さい、と。
送り出した。
夜の駅立ちは大袋駅東口で、午後7時から午前0時まで実施。駅近に浜焼きの居酒屋がオープンし海鮮物を焼くためいい匂いが駅入り口まで漂って来る。
あーあ生ビールが美味いだろうな、と思っていると、ほろ酔い気分のおじさんの何人からも、この居酒屋の呼び込みか、と尋ねられた。
違いますよ、と返事をするとじゃー何だと聞いて来る。市議会の報告です、と答えると何党、自民党?と尋ねて来るので、保守系の無所属です、と返答すると直ぐに立ち去っていった。
この例だけではなく、この手の市民は、何党、自民党と必ず聞くのに、何故か民進党や共産党とは聞いてこないのか。
自民党と言った方か、話し易いのか、それ以外の政党には敷居が高いのか、次に機会があれば質問して見よう。
夜駅立ちが終了して自宅に帰り就寝したのが、午前1時30分。起床は午前4時30分で、せんげん台駅東口で朝の駅立ちを午前5時30分から開始。
私は慣れているが、送迎担当の妻は高負担になっているが、だから続けられているとも思う。      
(3月29日)