PDFファイル⇒18年 11月天秤棒駅頭36

使い続けた垂れ幕が、破損
今朝の駅立ちは、通常通り午前6時から午前8時30分まで、越谷駅東口で実施した。
今日は気温が高く寒さがそれ程でもなかったのだが、自宅を出る頃は小雨が降り続いており、しかも風が猛烈に吹いていた。
そのため通常より幟の竿を短くしていたにも拘わらず、2度も倒れてしまった。
また、市政報告会の垂れ幕が、破れてしまった。すでに15年も使い続けており、あちこちガムテープで補修をして何とか維持していたが、もはや限界かもしれない。(それでも、後日何とか補修したが、ガムテープがやけに目立つ様になったが)
午前6時30分頃馴染みの30代サラリーマンからワンコインのカンパを頂いた。
直ぐに高齢の旧知の男性からも同額を、何時も犬の散歩中にカンパを頂く馴染みの30代男性からは、1000円のカンパが。
午前7時過ぎこれも馴染みの中年サラリーマンから、一年間ご苦労様でした、と声が。
ありがとうございます、でも皆さん仕事で同じ様に一年間働いておられますよ、と私。
すると毎日の朝の駅頭は、特別と強調された。
そして何時もの様に、温かいペットボトルの差し入れを。
また何人もの市民から、一年間お疲れ様でした、良いお年を迎えて下さい、と声が掛かった。
先週の駅立ちでも、一年間ご苦労様でした、と声を掛けて行く市民に出会った。15年間の駅立ちは、政治家と市民の距離をフラットにしている。         (12月25日)

差し入れの、ペットボトルが7本も
昨日は、朝の越谷駅に続き、夜はせんげん台駅東口で、午後7時から午前0時まで実施した。
午後7時30分頃、旧知の中年サラリーマンの方が、通り過ぎてまた戻って来られて、これこの前の32号?と尋ねられた。(この日に配布した駅頭シリーズは、NO34号)。恐らく先週せんげん台駅で朝配布したのが、32号だったので同じものだと、思われたのだろう。(原則配布する市政レポートは、朝、と夜で同じものは配らない様にしている)
いいえ、34号です、と返答したら受け取って行かれた。
この「駅頭は小さなドラマの連続だ」のシリーズは好評でよく読まれている様だ。
午後8時過ぎ、30代のサラリーマンの方から、朝も夜も活動を続けている議員はあなたしかいない、選挙の前だけ駅頭をやっている政治家とは違い、信念を感じる、との話だった。
(信念と言う言葉は、よく政治家は使いたがるが、市民からの声だけに嬉しくもあり、少し緊張もした)
そして、暖かいペットボトルを差し入れて頂いた。
午後9時頃、30代の女性から話しかけられた。せんげん台駅近くに自宅があり、先ほど主人から、私が駅に立っていると聞き、出かけて来た、との事。ペットボトルの差し入れも。
15年前の高校生の時から、通学時に見る私の事は知っていたが、最近市政レポートを見て、話し掛けていいのだと思い話している。
1歳の子どもがいて、保育所の空きがなく、母親に面倒を見てもらっているが、それも負担が大きいので困っている。来年の入所を待っている、との事。          
これまで身のつけたスキルを活用して自宅での仕事が出来ないだろうか。
また、他の行政で実施している「婚活」をサポートする団体の資格を取得しているので、越谷市の取組みの実態を教えて欲しい、との陳情を受けた。
年が明けたら、調べて返事をしますので、それを見て今後の対応をしましょう、と応じた。
午後11時30分前、旧知の中年サラリーマンの方から、ほろ酔い気分で声が。またこんな遅くまで大変ですね、カンパします、箱は何処にある、と聞かれた。すみません、夜は置いていないんですよ、朝だけですと返答。
えー朝は忙しくて出来ないだよー、と少し困った様な表情をされたが、財布から1000円札を取り出して直接頂いた。
ありがとうございます。クリスマスのこの日、駅前のコジーコーナーには、特設のケーキのショウケースが外に設置され、次々と市民が列をつくりホールケーキを買って行った。
そう今日はクリスマス、私の3人の子ども達にも誕生日とクリスマスには必す、ホールケーキでお祝いをして来た事を思い出させてくれた。
それでも、午後9時30分過ぎには、閉店して、午後11時過ぎには4、5人の女性店員がケーキ箱を一人3個も4個も抱えて帰宅されて行った。
あんなに、沢山食べるのだろうか、と余計な心配をしてしまった。  (12月25日)

熱すぎるコーヒーに、温まる
昨朝の駅立ちは、午前7時から北越谷駅西口で実施。凄く寒い。午前6時45分頃到着して街宣用具の準備をしていると、「がんばろう、越谷」主催のグラウンドゴルフ大会で、何時も大会役員を担って頂いている高齢女性と挨拶。 
近くの公園で毎日ハッポちゃん体操(越谷市が創作した音楽と踊り)を集団で行っているメンバーだ。
体操が終り、帰宅の途中に良くお会いする。
また後ほど来るからと言い残して去って行かれたが、直ぐに戻って来て、熱いコーヒーの差し入れ。冷めない内に飲んでねー、と。
最近様々なグラウンドゴルフ大会に参加して、全部入賞し賞品を貰っているとの事。張り合いがあっていいですね、と私。
言葉の通り、直ぐに飲もうとしたが、本当に熱くて直ぐには喉を通らなかったが、美味しく体が温まった。
午前7時30分頃中年男性が笑顔で、500円玉をカンパ箱へ。市政レポートを渡そうとしたら、昨日貰ったからと。
昨日とはせんげん台駅での夜の駅立ちですか、と尋ねたら、そうだ、との返事。そうなのか。            (12月27日)

一年間ご苦労様と5000円のカンパ
昨朝の駅立ちは、午前6時から午前8時30分まで蒲生駅東口で実施した。
この駅は自宅から一番遠い駅なので、午前5時20分には自宅を出るのが通常だ。
辺りはまだ暗く、しかも厳寒の状況だ。
午前8時前に以前も封筒でカンパを頂いた中年のサラリーマンの方から、一年間ご苦労様とカンパが。
後から確認したら、カンパ箱にはなんと5000円札が。確か前回も同額を頂いた。
午前8時30分前、馴染みの中年女性から、今年は今日で終わりですね(駅頭の活動が)、と話し掛けられたので、いいえ明日までやります、と返答。
いや、蒲生駅では最後ですね、と話だったので、そうです、と応答。
毎月平均1つの駅で、2回程度のローテーションで実施している、駅立ちも馴染みの市民にすっかり定着している。
28日の朝は新越谷駅東口で、午後7時からは、せんげん台駅西口での駅立ちの予定で、今年の締めくくりとなる。
依然厳寒が続きそうなので、何時もより少し早めの午前0時過ぎに就寝した(12月28日)