PDFファイル⇒17年9月天秤棒駅頭28

市長は、9月越谷市議会が最後の議会
今朝の駅立ちは、せんげん台駅東口で午前7時から8時30分まで実施した。
週明けの月曜日なので通勤客も多い。9月1日から9月越谷市議会が始まり、高橋市長の任期最後の議会となる。
2期8年も続いた高橋市政は、時代や社会の変化に全く無頓着で思考停止の8年間であり、その前の板川市政3期12年を引き継いたため、何と5期20年もの間、今旧態依然の状態になっている。
議会の機能の低下がさらに拍車をかけていることから、新たな貧困や格差問題への対応や持続可能性のある社会の構築には程遠い。
そのため、10月に実施される越谷市長選挙での、市民の判断と選択の材料ため、私は高橋市政の2期8年を検証する一般質問に立つ予定だ。
今日から三日間は議案考査や質問準備のため休会となっている。           
(9月4日)

降り続く雨の中、夜5時間のロングラン
今朝の駅立ちに続き、午後7時から午前0時までの5時間せんげん台駅西口で、駅立ちを実施した。小雨模様の中、1時間後には更に雨が強く降り始めた。
 午後8時過ぎ、20代後半のサラリーマンの方が笑顔で市政レポートを受け取った後、戻って来られておにぎりと暖かなペットボトルを頂いた。口に合わないかもしれませんが、と付言された。
 とんでもないことで、夕食を食べずに駅立ちを始めていたため、本当にありがたく、また大変美味しかった。(ゆっくりとは食べられなかったのが、残念だが)
 この日は午後5時30分から、日高歯科医院で歯の定期健診を受けてすぐにせんげん台駅に向かったため、軽食さえ口にしていなかった。
 この差し入れは、駅から100mも先にあるセブンイレブンの商品(おにぎりのラップに印刷されていた)であり、市政レポートを一旦受け取り、それから駅から歩いて行き店で購入して、再び駅に戻って来て私に渡して頂いた。
しかも雨が降り続く中で。
暫くして、馴染みの20代後半の女性も全く同じ行動で、同じ様にペットボトルを頂いた。
 心に沁みるとは、こんな事だろう。
 午後8時30分過ぎ畔上市議のスタッフ2人が看板を持って、10月実施の市長選挙にむけたチラシの配布にやって来られた。
話を聞いてみたら月、水、金のこの時間にせんげん台駅と越谷駅で実施するとのこと。
駅入り口ではなく、少し離れた所で配布します、との申し出だったが、いやいや私のすぐ横で配布したほうがいいですよ、と返答。
このため、私の声とこのスタッフの声がかぶることにはなったが、午後9時30分頃には引き上げていかれた。
この間、駅ビル一階の京樽の男性店員が午後8時30分過ぎから、商品の2割引きセールを大声で呼び込み、30分位あとには3割引き、そして9時過ぎには半額です、と。(閉店間際は8割引きなのか、と思ったがそれはなかった)
以前は同じ様にケンタッキーの女性店員が、この時間帯に割引のフライドチキンを販売していたが。
最近はやっていないようだ。
午後11時前、高齢男性が市政レポートを受け取って頂いたので、こんな遅くまでお仕事ですか、と尋ねたら、いいや、すでに10年前に引退しており、その節はお世話になりました、と丁寧にあいさつして頂いた。
お世話になったと言われても、特に心当たりはないので、恐らく当時通勤客の一人として市政レポートを読んで頂いていたのだろう。
こんな縁が駅頭を通じて長く繋がっているのを実感した。
午後11時30分頃30代の旧知の社員教育会社を経営する男性から、一旦市政レポートを受け取って直ぐに戻って来て500円のカンパを頂いた。
今日もベンチァー企業の研修会の講師をして来たとの事。今の日本は人間関係が縦の不信だけでなく、横の不信感に満ちており相互の関係性を作り出すのが困難な時代になっている、との私の話にしきりにうなずいておられた。
午前0時前に、30代前半(のように見えた)のアベック(夫婦?)の方から、毎日市内のどこかの駅で立っているのに、夜もやっているのですか、“すごい”と褒めて頂いた。
こんなに遅くまでお仕事ですか、と尋ねたら
いいえ、いいえ飲んでいましたとの返答だった。二人とも終始笑顔での会話だったことが、朝
からのダブルヘッダーでの駅立ちで、夜5時間
の長丁場で少しつらくなっていた体へのカン
フル剤となった。       (9月5日)

猛スピードの覆面パトが駅に横づけ
今朝の駅立ちは、越谷駅東口で午前7時から開始。駅前の清掃作業の後、市政レポートの配布を始めたが、9月に入り8月の天候とはうって変わり涼しく活動に負担がかからない。
馴染みの市民からも、やり易くていいでしょう、と何回も声が掛かる。
午前7時45分頃市役所の方から覆面パトが、赤色灯を光らせ警告音とともに、猛烈なスピードで走行して、駅前に停車。
大事件発生か?車の中から女性を含む4人の制服警官が降りて来て改札口に向かった。(私服でない)
暫くして、今度は越谷市の救急車がやはりサイレンを鳴らし、覆面パトの後ろに停車。救急隊員がストレッチァーと共に、改札口に向かい15分後には若い女性が担架で運ばれて来た。
直ぐに救急車の中に搬送されたが、女性警官も乗り込んでいった。この女性と話し込んでいる様子だったが、これも15分位で降車した。
周辺には制服警官が6人も集まっているが、駅内での単なる体調不良なら、警察官は必要がないだろうが、一体何があったのだろうか?
その後救急車は、病院に向かった。
(9月5日)

夜駅立ちに、カンパや差し入れが続出
昨夜の駅立ちは、前日に続きせんげん台駅東口で午後7時から午前0時まで実施した。
開始してすぐ、60代の旧知のサラリーマンの方から、何時も朝の時間帯は急いでいるのでカンパが出来なかったので、と前置きして。
持参していた紙袋の中から、バナナやキィウィを私が使っていた紙袋に入れて頂いた。
カンパ箱はどこにあるのか、尋ねられたが、夜は設置していない、と返答。
するとこれくらいしか出来ないと2000円のカンパを、また紙袋に差し入れて頂いた。
その後、これも旧知の中年のサラリーマンから、カンパ箱は何処にあるのか、と聞かれ同じ返事をしたら困った様な顔つきになられた。
次の機会の朝にお願いします、とお願いした。
午後9時過ぎ、馴染みの中年の女性から、夜もやっているの、一人で、えー12時まで、と話された後、これでお茶でも飲んで、と1000円のカンパを。また別の市民からペットボトルが。さらにその後、これも旧知の中年のサラリーマンから1000円のカンパを次々に頂いた。
午前0時を過ぎた途端雨が降り出した。今日開催するグラウンドゴルフ大会が心配だ。(9月6日)