メルマガ♯がんばろう、日本!         号外(20.4.20)
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
「がんばろう、日本!」国民協議会

http://www.ganbarou-nippon.ne.jp

==================================
Index 
□ 総会中止のお知らせとメッセージ

□ コロナ関連のお知らせ
==================================
□ 総会中止のお知らせとメッセージ
==================================
5月9日に予定していた「総会」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止します。時期を見て改めて開催する予定です。

今回の感染症との戦いを、どう生き延びるか。その「生き延び方」が、「コロナ後」の社会をどうつくっていくかを、大きく左右することになると思います。
あまりよい例えではありませんが、戦略と呼べるものもないまま、方向性もバラバラで、「戦力の逐次投入」を繰り返す、ということが今回も行われています。ツケを回される現場は疲弊しきっていますが、一方でアベノマスクをほどいて作り替えたり、クリアファイルを切り抜いてフェイスシールドもどきを作ったり、アルコール度数の高いお酒を消毒用にしたりと、涙ぐましい工夫がされているのをみると、乏しい配給でやりくりしていた戦時下の暮らしも、もしかしたらこうだったのかとも思います。

そうやって生き延びた後に焼け野原から始まった戦後は、しかし消費者民主主義と「失われた30年」に帰結しました。少なくない人は大本営発表を信じてはいませんでしたが、不信だけでは社会を変える力にはならなかったということです。
また3.11でも「コンセントの先」に気づかされ、暮らしや生き方を変え始めた人もいますが、社会を大きく変えるまでには至っていません。

今回のコロナ禍は、「いのちとくらし」そのものを直撃するがゆえに、どう生き延びるかは、それぞれの人や地域の「いのちとくらし」のあり方そのものを問うものでもあります。
コロナ以前を「常態」と考えるなら、「コロナ後」はショックドクトリンによって、〈グローバル化×新自由主義×デジタル化〉を際限なく推し進める世界になりかねません。
コロナ以前を検証し、そこから新しい現実へと転轍するために、どう生き延びるか。ここ数か月(年単位かも)の感染症との戦いにおける「時間の使い方」は、21世紀初頭の私たちの社会のありかた―いのちとくらしのあり方―を方向づけるものになるはずです。

総会では、こうした問題設定を共有する予定でしたが、とりあえずstay at homeの時間を使って、以下をご参照ください。

●非常事態と立憲主義
「日本再生」491号 一面
感染症と文明社会 山本太郎 中央公論4月号
パンデミックを生きる指針 藤原辰史 B面の岩波新書
file:///C:/Users/ishiz/OneDrive/デスクトップ/バンデミックを生きる指針.pdf
緊急事態とエコロジー 西谷修 世界5月号
民主主義の抑制が問われる21世紀の政治思想 山本龍彦・東浩紀 中央公論4月号

●経済のすがた
もし君が首相になりたいと言うならば 金子勝 世界4月号
政権交代が必要なのは総理が嫌いだからじゃない 田中信一郎 現代書館
資本主義の新しい形 諸富徹 岩波書店

●社会を変える社会運動と自治
いま私たちは何をなすべきか 宮本憲一 世界4月号

●共通の〝参照点〟としての民主主義
ヨーロッパでは今回の社会防衛の戦いは「第二次大戦以来の~」と、よく表現されます。医療崩壊の危機にあったイタリア北部では、ファシズムに抗したパルチザンの経験が語られたといいます。非常時だからこそ民主主義を機能させる。その基礎には、その社会が共有する〝参照点〟としての民主主義の歴史的経験と集積があります。

試される民主主義(上・下) ヤン=ヴェルナー・ミュラー 岩波書店
民主主義 1948-53中学・高校社会科教科書エッセンス復刻版 西田亮介・編 幻冬舎新書
 

*4/11シンポジウムで議論するはずだった国際協調や国際的な立憲主義のありかたについては、また改めて

==================================
□ コロナ関連のお知らせ
==================================
●アベノマスク 不要だという方は寄付することもできます。
不要なアベノマスク寄付先まとめ

https://cococarenote.com/4958.html

●給食がなくなり、飲食店が閉店。生産者を応援するために
ポケットマルシェ  https://poke-m.com/
二本松農園  https://www.nihonmatsu-farm.com/

●新型コロナウイルス支援情報まとめ

https://covid19.moneyforward.com/personal/supports?page=2

*これから配られるであろう「一人10万円」も、堂々と受け取って、家賃や光熱費の足しにしたり、なじみの飲食店でおいしいものを食べたり、推しのCDやYouTube配信に使ったりしましょう。新しい現実に向かって生き延びるための社会運動に寄付することもできます。布マスク2枚に400億円を使うマヌケな政府から、一人10万円を取り返して、私たちの社会のために使いましょう。


**********
石津美知子
「がんばろう、日本!」国民協議会

http://www.ganbarou-nippon.ne.jp