たちは今、どの様な時代を生き抜きどの様な社会を迎えようとしているのでしょうか。
140年前浦賀沖にペリー艦隊が来航して、270年に及んだ徳川幕府の崩壊が始まり、大政奉還から江戸城無血開城、明治維新そして西南戦争を経て近代日本の開明期を迎えます。この間僅か25年間の出来ごとでした。
これから“坂の上の雲”を追いかけ日清、日露戦争から第2次世界大戦の敗戦、戦後復興、高度経済成長とひたすら物資的豊かさを追い続けてきました。

しかし今や歴史上経験したことのない人口減少時代とグローバル化によって
日本の立ち位置は、激変して行かざるを得ません。世界がG7からG20に変わり戦後世界を主導してきた米国の存在も東アジアにおける中国の発展を含め重層的、多元的な関係づくりを迫られています。

つまりこれまでの基準や考え方のパラダイムチェンジ(価値観の転換)であり、この間の経験や判断基準は全く通用しないのです。それは次世代のために何かを実現するためには何かを諦める決断と勇気が求められていますし、莫大なツケを子どもたちに回さない責任が一人一人の市民に問われています。
その舞台こそ市民が直接参加する地域共同体であり、持続可能な改革のうねりと絆の再生をさらに加速しなければなりません。

残念ながら全国の地方議会では悪戯に市長と議会が対立し、議員定数や報酬削減だけがセンセーショナルに取り上げられていますが、行政にも議会にも主権者たる市民の参加による決定と公開という視点が双方とも極めて不十分です。
特に議会への市民参加による政策の決定過程が重要です。越谷市議会の全体の課題として市議会議員選挙にむけ市民による統一ローカルマニフェストを策定し選択肢を提供するものです。

私たちは、郷土越谷の地で、地域共同体を支えてきた多くの市民の叡智を結集し、何よりもこれから育ちゆく子どもたちの未来を切り拓くため「21世紀型社会構築のための政策イノベーション」を提案します。

2011年統一ローカルマニフェスト
市民が参加し、責任をもつ地域への挑戦
-すべての資源を次世代への投資に転換するー

新しいしくみ   改革のカギーしくみと意識を変える
    市政への参加のしくみを作ります
   1)、 徹底した情報公開と市民参加による議会改革を進めます
① 賛否が分かれる議案、意見書への討論と各会派・各議員の議案への賛否の公開をすすめます。
② 本会議と同様に予決算委員会等へのライブ中継を実現します。
③ 議長選挙の更なる公開に取り組みます。
④ 市議会主催の市政報告会の開催を目指します。
⑤ 常任委員会や特別委員会における議員同士の自由討議の実施に取り組みます。
⑥ 議会への市民参加を促進し、議会として市民の意見を吸収します。

   2)、市民が発議すれば必ず住民投票を実施する常設型住民投票制度条例を提案します。

新しい公共  税金は市民のお金、市民が決める、市民が使う
    行政依存の体質から市民が決め、責任をもつ地域共同体を作ります

1)、議会、会派、行政による「事業仕分け」を実施し、何かをやるために何かを諦める選択肢を提案し、事業実施の優先順位を明確にします。
2)、地区住民が地区の予算の使い道を自ら決められる交付金制度を創設し、市民自身で事業を選択、実施するしくみを作ります。

新しい豊かさ  成長戦略から成熟戦略へ
     人口減少時代とグローバリズムに対応し、環境、健康、観光分野の統一的振興策を提案して行きます。
1)、市立病院の財政健全化を図り、市民と共に救急医療体制の充実など地域医療の拡充に取り組みます。
2)、地域の人材発掘と連携による「稼げるプロジェクト」を立ち上げ、農産物のブランド化にむけ生産、加工、流通の一体的な市場戦略を提案します。
3)、人、物、通貨、ゴミ、エネルギー、交通などが一巡する循環型の地域を目指します。