3・11大震災後の市民意識の変化に対応出来たのか? 
6月議会 放射線被ばくの除染を求める市民請願を巡って

人生観や生き方を変えることを、素直に発言する子育て世代の登場

越谷市が発表した空間放射線量の測定結果

災害時に小中学校の避難誘導のため「ツィッター」導入をすべき。
3・11の「混乱」から学ぶのは複合的伝達手段の確立と地域づくり

PDFファイル⇒市政レポート11年6月