越谷市議会議員 白川ひでつぐの“市政報告会”
第112回/タウンミーティングのご案内
● 2013年 1月26日(土) 午後2時から午後4時まで
● 場所:白川ひでつぐ事務所
越谷市大里226-1 ☎048-970-8005 (大里郵便局から弥栄方面へ50mビル2階)

明けましておめでとうございます。
衆議院選挙の結果は当初の予想通り自民党の圧勝となりましたが、「憂鬱な圧勝」の現実がスタートしました。
そして、将来世代にこれ以上ツケを回さないために、政治が公正の視点で利益の分配から負担の分担へ、という新たな役割を担う時代に入りました。
越谷市においては、1,500億円近い負債を抱える中で、平成27年度の中核市への移行が進められ、これから必要となる第3庁舎建設や本庁舎耐震化対策は、市民への説明が不十分な状態で、総額80億円から100億円もの税金を市民の合意なしに投入しようとしており、負担に対する市民の合意形成が求められています。
今回のタウンミーティングは、私達が総選挙で一票を投じたそれぞれの思いを話し合い、異なる意見や考え方がある中で、討議を行うことによってより公共に益する方向を模索したいと思います。

今回のテーマ:
■「憂鬱な圧勝」がもたらした衆議院選挙後に問われる負担の分配
:白川ひでつぐ議員
-自治の現場が、非日常の選挙を変える。主役は市民。
■一票を投じた、主権者市民の期待と責任とは
:参加者による討議

PDFファイル⇒第112回タウンミーティング_案内チラシ_0113 (2)