越谷市議会議員 白川ひでつぐの“市政報告会”

今回は従来と違って平日夜に行います

第113回/タウンミーティングのご案内
● 2013年 2月26日(火) 午後7時から午後9時まで
● 場所:白川ひでつぐ事務所
越谷市大里226-1 ☎048-970-8005 (大里郵便局から弥栄方面へ50mビル2階)

越谷市は平成27年4月の中核市移行に向けて準備を進めており、来年度予算には第3庁舎建設工事費の計上が想定されています。
そして、新たな市民ニーズに対応する新規事業が計画されており、生産労働人口の減少に伴い税収が減少傾向の中で、従来からの事業をそのまま継続するのかどうか含めた集中と選択が大きな課題となっています。将来世代にツケを回さないためにどのように対応するのかが私達市民に問われており、白川議員から「平成25年度予算案」の説明を伺って、対応を討議したいと思います。
中核市に移行すること自体も、移行した時私たちの日常生活や自治会の運営等がどう変わるのか、市民には殆ど知られていないのが現状です。市民サービスが向上するので、それに伴うコスト負担が発生するはずですが、詳しいことは明らかにされていません。
今回は自治会長の役割を担っている方々に出席頂き、中核市になった時に、私達が対応しなければならないことは何なのか、私達が受けるサービスとコスト負担について、十分理解し、果たすべき役割と責任を明らかにできるよう、参加者と共に考えて行きたいと思います。

今回のテーマ:
■3月議会の課題について
:白川ひでつぐ議員
-平成25年度予算案等の事前検討
■中核市への移行に向けた自治会の課題
:自治会長と参加者による討議
-中核市になると自治会の運営(ex.補助金、雑紙回収費、消防組織)はどのように変わるのか

PDFファイル⇒第113回タウンミーティング_案内チラシ_0211 (3)